NPOI

プログラミング

C#で行うEXCEL操作(NPOI篇)※画像を貼り付ける方法も記載あり

C#EXCEL操作を行うには、たいていの場合は、Microsoft.Office.Interop.Excelを利用してのCOM参照だと思います。これを利用するのも全然OKですが、これにはEXCEL.EXEがどうしても必要となってきます。ということは、端末(サーバー)にEXCELがインストールされている必要があるということです。サーバーにMicrosoftのOffice製品をインストールすることはあまり推奨されていませんよね。

インストールされていない場合を想定して、ここではEXCEL.EXEが不要なフリーで活用できるライブラリである「NPOI」を使用してのEXCEL操作をコーディングしてみましょう。

NPOIでEXCEL出力する方法

ここでは割愛しますが、NPOIはNuGetからソリューションにインストールすることができますからね。まずはそちらから作業をお願いしまーす。

以下のサンプルプログラムでは、EXCELを出力する際に画像も貼り付ける仕様にしています。
画像を貼り付ける際には、どうぞご参考あれ。

※「申し訳ございません。NPOI関係ありません個人のメモです」は無視してくださいね。(笑)ちなみに何をやっているかと言うと、BLOBデータをSQL Serverに登録するのと、BLOBデータをPNG画像に変換してダウンロードしています。

既存のEXCELファイルを取得して編集する際には、注意が必要です。何もデータが設定されていないカラムを取得しようとすると、オブジェクト参照がされていませんのオブジェクト指向言語のお馴染みのエラーが発生してしまいますよ。EXCEL側で罫線を引くとか何かしらの対応を行ってください。

まとめ

NPOIを利用してのEXCEL操作はいかがでしたでしょうか。他にもフリーで利用できるライブラリはいくつかあるかと思いますので、使えるツールはどんどん使っていきましょう。できる方法は多く備えあって損はないでしょうしね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

-プログラミング
-, ,

© 2020 秀凛堂