MVC

プログラミング

ASP.NETでC#ベースのMVCプロジェクトを作成する方法

今の時代はASP.NET CoreでMVCを作成するのがコアでしょうが、ここはあえてASP.NETMVCプロジェクトを作成方法を解説するとしましょう。まだまだニーズはあるでしょうし、Coreを学ぶ前にまずはASP.NETでMVCの礎を築いていた方が得策かもしれませんよ。大袈裟ですね。(笑)

VB.NETだと、MVCプロジェクトを作成するのにひと手間必要ですので、ここではC#でサンプルプログラムを作成するとします。まぁぶっちゃけC#ができればVB.NETはこれからの時代は不要でしょう。(笑)

ASP.NET MVCプロジェクトを作成します

お使いのVisual Studioから左上にある「ファイル」タブをクリックします。そこから「新規作成」→「プロジェクト」を開くと、下記の画面に遷移します。ASP.NET Web アプリケーションを選択し、MVCプロジェクトを作成します。

ASPNET_MVC01

ASPNET_MVC02

第1にModelを作成します

Visual Studioのソリューションエクスプローラーから閲覧できる、上記で作成したプロジェクト階層以下にある「Models」フォルダ上で右クリックを行います。「追加」→「新しい項目」からクラスを作成します。クラス名は当然任意で大丈夫なのですが、Modelを付加するのがお作法のひとつです。

Model

Modelのサンプルプログラム

第2にControllerを作成します

上記で作成したプロジェクト階層以下にある「Controllers」フォルダ上で右クリックを行います。「追加」→「コントローラー」から新しいコントローラークラスを作成します。Model同様にクラス名は任意で大丈夫ですが、ここでもお作法としてControllerを付加します。

Controller

Controller

Controllerのサンプルプログラム

第3にViewを作成します

上記で作成したControllerのプログラムソース上で右クリックを行います。「ビューを追加」を選択すると、ビューを新規作成できますので上記で作成したModelとここで紐づけます。チェックボックスはデフォルト値で大丈夫です。

View

Viewのサンプルプログラム

第4にAreaを作成します

MVCプロジェクトなのに急に「Area」って思うかもしれませんが、この「Area」項目は必要不可欠です。「Area」項目にログイン画面から遷移する様々な画面のMVCを作成していきます。

Visual Studioのソリューションエクスプローラーにあるプロジェクトのプロパティ上で右クリックを行います。「追加」→「エリア」を選択し、「Area」に名前をつけます。もちろん任意で大丈夫ですが、お作法として最後にAreaを付加しましょう。

Area

Areaフォルダ以下に、作成した「WebTestArea」が出来上がりました。ここに遷移する画面のMVCを作成していきます。

Area

RouteConfig.csの内容を変更しましょう

RouteConfig.csにスタート画面への遷移情報を設定できます。ここでは、controller = "Login", action = "Login"に変更して実行します。

ログイン画面を表示させます

デバッグモードですが、実行してみましょう。

MVCで作成できたWebアプリケーションがログイン画面だけですが、起動できました。ここからログイン後の遷移画面をコーディングしていきましょう。

login

まとめ

ASP.NETでMVCプロジェクトを作成する方法はいかがでしたでしょうか。ModelとViewとControllerが絶妙に紐づいていることがわかっていただけたと思います。MVCプロジェクトをサクサクと作成できれば、Webプログラマーとして独立できる日も早くなること間違いなし!?(/・ω・)/

最後までお読みいただきありがとうございました。

-プログラミング
-, ,

© 2020 秀凛堂